水素水で賢くダイエット|美貌を手に入れる法則

女性

お腹を痛めない排便

お腹

働き方に違いがある

女性に多い腸内のトラブルの中で、便秘解消させるには働き方が異なる乳酸菌を摂取することが実感力に繋がるテクニックの1つです。例えば、胃酸などの影響を受けにくく、腸にしっかり届く乳酸菌をはじめ、抵抗力を高める力に優れている乳酸菌を摂取することで年齢と共に減っていく善玉菌をしっかり補うことができます。爽快な排便に繋げるには、働きが1つよりも多方面からアプローチできる栄養素を補うことが大切です。健康や美容習慣としてサプリなどの健康食品も利用可能で、また寒天などのファイバー系ではヨーグルト味など、おやつ感覚でも摂取できる健康食品を選ぶことで、1日の内に乳酸菌や食物繊維やオリゴ糖とこまめに補給でき、便秘解消に結び付きます。

不足している食物繊維

1日3食摂取していても、男女ともに食物繊維が約3gから5g不足している点に気を付け、食事内容を見直すことが便秘解消にも結び付きます。食事では、不足しがちな食物繊維をしっかり補うことが大切で、水溶性であることもポイントになります。水溶性食物繊維は水に溶けて水分を含みやすくなり、腸内をスムーズに滑らせて痛みの少ない排便に結び付けられ、排便時のトラブルを防ぐことにも繋がります。また、便秘解消には善玉菌が大きな役割を担っていますが、1人1人に合う乳酸菌に違いがある点に注意する必要があります。悪玉菌の増殖を抑制して、バランスの良い腸内環境に整える善玉菌の代表格はビフィズス菌ですが、日本人の食生活との相性の良さでは植物性乳酸菌であるため、腸まで届くサプリや野菜などを効率的に摂取できる漬物などの発酵食品を身体に合わせて補うことが大切です。