水素水で賢くダイエット|美貌を手に入れる法則

女性

妊娠中のお通じの悩み

妊婦

妊娠前期と後期の体の違い

妊娠すると、体内のホルモンに大きな変化が起きて、様々な症状が表れてきます。つわりは特に多くの人に見られる症状ですが、その他にも多くの妊婦が悩むことがあります。それが、妊娠中の便秘です。妊娠するとホルモンの影響で、腸のぜん動運動が鈍くなります。腸が鈍くなることで、便を外に排出する力が弱ってしまいます。その結果、便秘になってしまいます。このホルモンによる妊婦の便秘は、妊娠初期に多くあります。妊婦の便秘は、一時的に起こって治まることもありますが、妊娠後期になると再び起こることがあります。妊娠後期は赤ちゃんが大きくなっています。そのため、赤ちゃんが腸や肛門付近を圧迫することで、便秘が起こることがあります。

食事による改善

便秘を解消するためには、食事を工夫することが基本です。妊婦でなくても、一般的な便秘の時にも使える方法です。まずは、食物繊維を多く摂るようにしましょう。食物繊維は腸に刺激を与えて、ぜん動運動を活発にする特徴があります。また食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、野菜や果物に多く含まれるのが水溶性食物繊維です。そして、豆やキノコ類に含まれるのが不溶性食物繊維です。この2種類の食物繊維をバランス良く摂取することで、腸に刺激を与えます。不溶性食物繊維だけを多く摂ると、便が硬くなりすぎて、逆に排出しにくくなる特徴があります。そのため、果物などの水分のあるものと一緒に食べることが大事です。なお、納豆は両方の食物繊維を含んでいるので、とても有能です。